コラーゲンとそっくりな成分〜プラセンタ、ヒアルロン酸の違い

 

コラーゲンとそっくりな成分〜プラセンタ、ヒアルロン酸の違い
コラーゲンの錠剤を飲む前に、肌に効果が高いとされている成分は他にもあります。
その代表例がヒアルロン酸とプラセンタです。ですが、この2つとコラーゲンの違いがあまり多くの商品に書かれていないいイメージがあります。ですが、この3つは成分や効果、細胞に効く箇所が大きく違います。

 

今回は、この3つの成分の違いと、効果を分かりやすく説明し、併用が可能かに関して説明いたします。ヒアルロン酸というのは、ムコ多糖類という糖類の1種です。そして、液状の物質です。

 

この液状の物質は私達の体内で、主に、目、関節、脳、関節液に存在する言わば衝撃を緩和する緩衝液みたいなものです。このヒアルロン酸ですが、主に体内で合成されますが、加齢ともに減少していきます。

 

そして、老年齢になると人間の体内で合成する能力もほとんど無い状態になってしまうのです。ヒアルロン酸は、体内に存在する液状の物質で糖類なのです。その魅力は高い保水力があります。ヒアルロン酸は物質の存在している量の数倍の水の保水力があるのです。次に、プラセンタですが、プラセンタは生物の胎盤に存在する細胞の成長因子をぬいたものになります。

 

つまり、生物のへその緒から特定の物質を抽出したものなのです。赤ちゃんは、ひとつの細胞から様々な部位の臓器を作り出します。その結果、細胞分裂が非常に優れているため、体内に吸収する事によって体内の細胞を作る量を増加させる原理でサプリメントとして販売されているのです。更に、プラセンタの特徴は弱ったり傷が付いている部分から効果を発揮する特徴があります。コラーゲンで言えば傷の止血時に多く分泌される、V型コラーゲンの仲間みたいなものです。

 

プラセンタは、元ある細胞の細胞分裂を促進させる作用があり、弱っている組織の活性化が期待できるのです。
それでは、このサプリメントの併用に関しては問題は無いのかというと、一日の摂取量以上を服用しなければ問題は発生しないというのが現状です。

 

この結果、関節痛に悩んでいる人には、コラーゲンとヒアルロン酸の併用が有効的であり、肌に悩みがある人はコラーゲンとプラセンタの服用が有効になります。

 

関節は失われた関節の箇所の修復と関節の摩擦を取る必要があるため、この2つを併用するのが有効的です。

 

肌には、肌の成長因子と肌の組織の原料があれば肌の状態が良くなります。いずれも副作用は報告されていないので安心して服用することが出来ます。